設備紹介

リキッドフィーディングシステムについて
システムの紹介

リキッドフィーディングとは飼料を液体で溶かし給餌する事です。人間の食事に例えるならば「お粥」や「流動食」といったところでしょうか。この給餌方法はヨーロッパで技術が発達し、コンピュータを使った給餌システムが構築されています。マルミファームではこのシステムをドイツWADA社から導入しました。コンピュータ管理されたこのシステムでは、従来の給餌システムでは難しかったよりきめ細かな給餌が可能となります。

給餌はコンピュータで管理します。
どこの豚舎のどこの豚房に何頭の豚がいるかを日々管理し、豚の成長に合わせて自動的に餌の種類を変えたり、給餌量を増やすことが出来ます。
一日の必要給餌量を計算し、10~12回に分けて給餌します。

コンピューター制御で決まった時間に給餌します。

貯蔵サイロの様子