衛生・品質管理

衛生に対する取り組みについて

 養豚業を営むにあたって最も気をつけなければならない問題の一つに病気の問題があります。私たちは豚が健康にすくすく育つように日々気をつけています。そのためには衛生的な管理が必要で、疾病の予防には特に気をつけています。

オールイン・オールアウトの飼育システム
イメージ01

マルミファームでは飼育システムに『オールイン・オールアウト』という方式を取り入れています。
これは豚舎・豚室毎に豚を一斉に入れ、そこの豚が全て移動または出荷された後、豚舎・豚室を洗浄・消毒・乾燥させ次の豚を導入するシステムです。
このシステムを採用することで同じ豚舎内の豚の日令が近くなり、免疫の安定化が図れ、疾病の水平感染のリスクを減らす事ができます。
例えるならば、1年生から6年生までが同じ教室で過ごしていると6年生が風邪をひいていると1年生にまで感染してしまいます。しかし、学年毎に教室が分かれていれば6年生の風邪が1年生にうつるリスクを減らす事ができます。

豚舎の洗浄・消毒と乾燥

オールアウトによって豚舎・豚室が空いたら高圧洗浄機で汚れを全て洗い流し、前にいた豚の糞や埃に次に入る豚が接触しない様にします。
洗浄が終わったら一旦乾燥させ、発泡剤を混ぜた消毒剤で消毒します。発泡消毒は消毒剤をかけた場所が判りやすく、泡がしばらく残り、薬液の感さ時間が長くなるのでより有効です。また、消毒後も次の豚が入るまではなるべく長い乾燥期間をとり細菌やウイルスを死滅させます。

農場防疫について
イメージ01

マルミファームでは外部からの病原体の持ち込みにも特に気をつけています。
外部からの飼料や資材の納品車両は農場手前の消毒設備で消毒した後場内に入ってもらいます。また、部外者の場内の入場にも制限を設け、見学等で豚舎内に入る必要がある時は前日近隣で宿泊して貰い、当日はシャワーを浴びて弊社の衣服に着替えてから入場していただいています。

出荷専用豚舎の設置

マルミファームには出荷をする豚を係留しておく専用の豚舎があります。この豚舎の役割は、外部から豚を取りに来る車両からの病原体が持ち込まれるリスクを最小限にすることです。また、係留中の豚にシャワーをかけ、豚体の汚れを落とすことにより屠畜場や食肉センターにより清潔なぶたを持ち込む事が出来ます。

獣医師資格について
獣医師が常駐しています

マルミファームでは代表取締役社長が獣医師資格を持っており、日々豚の健康管理に気をつけています。
養豚場での疾病対策は治療よりも予防を重要視します。豚が病気になってしまうと発育が遅れ、飼料効率が悪くなり経済的損失が大きくなります。ですから飼育環境を適切に整え、適切なワクチンプログラムを立てて日々疾病予防に努めています。

お問合せはコチラ

お問い合わせについて

有限会社マルミファーム
愛知県額田郡幸田町大字逆川字奥88番
TEL/0564-62-6210 FAX/0564-62-6202